HOME > 職員募集 > 先輩メッセージ

先輩メッセージ



久山療育園で働く先輩方からのメッセージです。

看護師

5年目
K.H さん
 私は、一般病院での勤務経験を経て、久山療育園に就職しました。現在は医療重点病棟で勤務しています。多職種との連携を図り、利用者の健康を守りつつ、日常生活支援をさせてもらっています。
 看護師の役割とは、対象のニーズにどう支援していけば良いのか、人の一生とは何なのか、生命の質とはどういうことなのかを模索しながら看護実践しています。その中で看護師として自らを振り返り、資質や倫理観をも考えさせられる機会となり、私自身にとっては日々が大切な時間と感じています。
 各病棟には、3床の短期入所枠があります。在宅で過ごされている方が利用され、入所利用者以上に個別性が重要視されます。それによって、看護師の専門性や柔軟性も求められます。
 看護師の実務経験5年の内、重症児者看護分野3年以上経験で、日本重症心身障害福祉協会認定の重症心身障害看護師研修の受講手続きができるようになります。私は、この研修を受講、認定資格を取得して3年目となります。現在、3人の認定資格者で専門教育の分野で、少しずつ活動の幅を広げている所です。

看護師

2年目
M.H さん
 私は久山療育園へ入職して二年目になりました。最初の頃は初めてのことばかりで不安も多かったのですが、先輩方が優しく指導して頂き、少しずつ慣れ夜勤もできるようになりました。
 また利用者の存在も大きく、きつい時でも利用者の笑顔を見ると頑張る力になります。私の目指す看護師像は学生の頃から変わらず、その人に寄り添った看護師になることです。まだまだ覚えていかなければならない業務もありますが、先輩方の協力も得ながら少しずつでも自分の目指す看護師像に近づいていけたらと思います。これからも、日々の利用者との関わりを大切にしながら働いていきたいです。

介護福祉士

8年目
A.A さん
 育児休暇を経て、園内託児所を利用しています。職場に託児所があるおかげで、育児休暇中に復帰後の預け先の心配をすることもなく、子供との時間を楽しむことができました。
 勤務時には、休憩時間に様子を見に行くこともでき、何かあった時にはすぐに駆けつけることができるので、安心して働くことができます。復帰してからは、以前よりも利用者目線で物事を考えるようになりました。もし、自分の子どもが受ける支援だったらどう思うか、この支援は本当にこの方に合った支援であるか…周りのスタッフと意見を交わしながら支援計画を立てています。これからも日々の関わりの中で、少しでも利用者の想いを感じ取れるように努力していきたいと思います。

介護福祉士

6年目
T.I さん
 私は久山療育園に入職して今年で6年目になります。
 私が、働きたいと思ったきっかけは、専門学校で就職先に悩んでいた時、担任教諭から
「うちの学校の卒業生が何人も就職しているので、見に行ってはどうか」と勧められ、ボランティアとして見学したのが始まりでした。今まで学校の実習は、重症心身障害児者の方々と関わる事はなく、やや不安な気持ちもあったのですが、施設に入ってみると病棟の職員から優しい表情で声をかけてもらい、利用者もこちらに向けて明るい表情を見せてくれました。
 それがきっかけとなり、新卒で久山療育園に入職し、今まで楽しく仕事が出来ています。
入職当初は分からないことがたくさんありましたが、先輩方はこちらから質問すると、とても丁寧に時間をかけて指導して頂き、その行動に応えたいと強く思いました。
 普段の業務では、看護師やリハビリ職員等の他職種とも普段から近い距離感で仕事が出来ており、利用者についての相談もしやすい環境だと思います。
 6年目になり、後輩も増えてきましたが、新しい職員や利用者のご家族からの質問や意見を聞くことで、まだまだ、自分の未熟さを感じながらも一生懸命、利用者の過ごしやすい環境を目指し毎日頑張っています。
 利用者の『出来ること』を引き出しつつ、一人ひとりの笑顔も引き出せる生活支援を目指してこれからも職員一丸となって努めていきたいと思います。

介護福祉士

4年目
Y.Y さん
 私が久山療育園に入職しようと思ったきっかけは、学生の時の実習です。久山療育園に実習に来るまでは重症心身障害児(者)の方たちを見たことも聞いたこともありませんでした。
 しかし、実習中に利用者と関わるうちに「自分も重症心身障害児(者)の方々を支援したい!」「もっとみなさんのことが深く知りたい!」と思い、日を重ねていく度にどんどん引き込まれていきました。また、様々な方に指導を受けながら、久山療育園の職員は利用者と親密で楽しそうに働いていたのが、実習生の私にとってはとても印象的でした。現在は、周りの職員に助けられながら入職4年目を迎えました。毎日楽しく利用者を支援することができています。生活を支援しながら、様々な一面を知っていくことでいつの間にか自分が元気をもらっていると気づかされることが多々あります。だからこそ、よりよい生活を提供できるように日々の業務に励むことができています。これからも利用者に常に寄り添い、他職種との連携を図りながら楽しく充実した生活を提供し続けられるように頑張りたいと思います。

保育士

6年目
R.K さん
 私が、久山療育園に初めて関わったのは実習でした。一人の利用者と10日間じっくりと関わることができ、終了する頃には、利用者も心を開いてくれました。こんな私でも必要としてくれる人がいるんだと思い、就職しました。
 働き出すと、もっと深く皆さんと関わることが出来、家族のように共に笑って、泣いて、素直な気持ちを表現する利用者から多くのことを感じ、学びました。その後、家庭の事情により、一度退職しました。離れることで、よりここでの体験が私にとって、楽しく、やりがいのあるものだったという事を感じるようになり再就職しました。
 現在は、通所で命の大切さを日々感じながら勤務しています。それは、子育てをしている私にとって、とても大きなことです。
 今は、職場でも私生活でも、一つ一つを大切に生きたいと感じることができ、利用者に私自身が笑顔にしてもらい、支えてもらいながら働けることが幸せです。

理学療法士(PT)

7年目
T.M さん
 私は、久山療育園に就職して7年目となりました。以前は、他県にある同じ重症心身障害児者施設に勤務していました。養成校を卒業して、右も左もわからない中で、多くのことを利用者から教えて頂きました。
 その経験を活かしたいと思い、久山療育園に就職を決めました。ここでもやはり同じように利用者から教えていただく事の方がとても多いです。セラピストとしても10年を越えましたが、利用者と一緒に笑顔で楽しみながら頑張っていきたいと思います。

調理師

3年目
N.Y さん
 入職して3年目になります。以前は小学校で10年間調理業務をしていました。入職当初は扱う器具、設備、調理法も違い戸惑いばかりでした。
 朝食、夕食が加わることで効率よく的確に作業しないと時間内に終わることができず反省の日々でした。そんな中、先輩職員のアドバイス、サポートに助けられ、感謝しています。毎日新鮮な食材を扱うことで、特性を学ぶことができ調理の仕事にやりがいを感じています。旬の食材を活かし大切に心を込めて調理をし、入所、通所の利用者に美味しく、安心で安全な料理を提供していきたいです。