HOME > 職員募集 > 先輩メッセージ

先輩メッセージ



久山療育園で働く先輩方からのメッセージです。

看護師

2年目
M.I さん
私は久山療育園に就職して2年目になりました。私は看護学校を卒業し、新卒として入職しました。ここで働きたいと思ったきっかけは実習でした。利用者の方との関わり、看護を考える中で楽しさを感じ、愛を与えられるような看護がしたいと思いました。
また、療育基本方針である「久山療育園は病院であり、学校であり、家庭である」の言葉に共感し、久山で自分が目指す看護を実践したいと感じたことも入職の動機の一つでした。まだまだ毎日勉強する事ばかりですが、利用者との関わりはとても楽しく癒され、スタッフの皆さんにも色々と教えていただき毎日のびのびと働くことができています。2年目となり、受け持ちの利用者様ができたり、係の仕事がついたり、呼吸器の利用者の担当になったり責任が伴うことも増えてきました。これからも少しでも家庭に近づくことのできるような関わり、日々の細やかな観察・看護を行い、重症児者の看護を極めて行きたいと思います。

看護師

7年目
W.K さん
私が、久山療育園に入職したのは7年ほど前になります。重度心身障害児・者については、漠然とした知識はありましたが、実際に触れ合う機会はありませんでした。
入職当初は、慣れない環境の中で不安や戸惑いも大きかったのですが、スタッフの入所者に注ぐ温かい眼差しや深い愛情、それに応えようとする入所者の笑顔や喜ぶ様子を見ていると、長い時間のより良い関わりが大事であると感じ、入所者が安心して楽しく過ごせるように少しでも力になればと考え、これまでやってこれたように思います。私の配属されている部署は、生活型病棟であり、動く入所者が多いのが特徴で安全な環境の提供が必要となります。しかし、近年では、入所者の高齢化が進み重度の障害に加えて、身体機能の変化をきたす方も徐々に増えています。このような現実を受け止め、私達スタッフは、入所者の病状を理解した上で、一人ひとりに合った看護・介護ができるよう、入所者の笑顔が絶えぬよう、みんなで取り組んでいます。

介護福祉士

3年目
M.Y さん
私が久山療育園に入職しようと決めたきっかけは、学生の時の実習です。実習中、私は自分の担当利用者のことを知り、関わることで精一杯でしたが、職員の方はたくさんの利用者のことを一人ひとり、常に考えながら介護していて私も実習中は何度も職員の方に助けていただきました。
また介護職員だけでなく、看護師や保育士、OT、PT、STのスタッフが連携しながら、利用者・職員共に笑顔で明るいところが印象的だったため久山療育園に入職することを決めました。現在3年目を迎えましたが、最初は不安と緊張でいっぱいでしたが、困った時は先輩スタッフに助けられながら、利用者のことを少しずつ理解できてきました。3年経った今でもまだまだ利用者に寄り添える介護が完璧にできていると自信を持って言えませんが、利用者の気持ちを考えながら利用者がより良い生活が出来るようにこれからも頑張りたいと思います。

介護福祉士

2年目
T.M さん
久山療育園に就職する以前は、高齢者施設で長く介護職をしていました。重症心身障害児施設は学生の頃に実習で経験した事はありましたが、高齢者介護とは異なった難しさがあると感じていたので不安もありました。
入職してみてオリエンテーションが充実しており、業務に対しても常に先輩スタッフが付き添って指導する体制をとっているので不安なく業務内容を学ぶことができました。介護、保育士、看護師、OT、PT、STと職種が多いのですが、他職種との連携がとれており、安心して介護に集中できることがとても働きやすいと感じています。介護リフトの導入もされており、スタッフの介護負担軽減もなされており、スタッフのことを大切に考えてくれている施設だと感じています。入所者との信頼関係を築いていくのは容易ではありませんが、関わり合いの中で表情やしぐさを深く読み取って心を通わせる事ができるように日々努力しています。

保育士

5年目
K.T さん
以前は13年間保育園に勤務をし、久山療育園に入職して5年目になりました。昨年までは入所病棟にて利用者の生活介助とサークル活動や個別活動、季節の行事などを日々行ってきました。
入職した当時は利用者一人一人に合った関わり方を模索し、保育園で実施してきた保育を取り入れながら少しずつ利用者の笑顔が見られる様になった時はとても嬉しくやりがいを感じました。今年度からは病棟勤務と職員の子どもを預かる託児所と兼務になり、利用者の方や小さな子どもたちとの関わり合いをより一層深め、これからも保育士として頑張っていこうと思います!!とてもやりがいのある職場です。

作業療法士

1年目
M.A さん
今年度から久山療育園に入職しました。私は学生の時、重症心身障害児者の方と実習を通して関わる機会がありました。その際に一人一人反応の仕方や感情表現の仕方は違いましたが、その人らしさということを大切にするということを学びました。
また小さな反応でもコミュニケーションが取れるということの素晴らしさに感動しました。そこで重症心身障害児者の方ともっと多く関わりたいと思ったことがきっかけで久山療育園に入職しました。久山療育園はとても明るく賑やかな雰囲気で、不安なことや分からないこともたくさんありますがスタッフの皆さんが優しく熱心にご指導していただき、とても楽しくお仕事ができています。これからも、利用者の機能維持や向上を目指し、より良い日常生活が送れるよう頑張りたいと思います。

調理員

2年目
T.K さん
久山療育園に勤務する以前は、高齢者施設・病院にて調理の業務をしていました。重症心身障害児者の方の調理は、こちらでは1年生です。今までの経験と合わせて日々ステップアップできるように、調理師としてスキルを高めていきたいと思っています。
久山療育園では、年間を通じて様々な研修や勉強会のカリキュラムが組まれており、とてもやりがいを感じ楽しく仕事ができています。多くの利用者に、より安全な食事を提供できるよう努力していきたいと思います。