HOME > 重症児者医療療育センター > 生活・活動

生活

●体調管理

入所者に対し、毎日健康状態のチェック・定期的な血液検査・レントゲン検査等を行い、体調を管理しています。異常の早期発見に努め異常時は、医師の指示の基に医療措置を行ないます。

●入浴

個々にあわせた入浴設備を使い、ゆっくり くつろげるようにしています。

●食事


それぞれの咀しゃく状態などに合わせて、同じ食材でも食事形態を変えています。
食材自体の形が見えないペースト食やムース食でも、楽しく季節を感じながら食事をしてもらえるように、心を配った盛りつけをしています。
それぞれの疾病や症状に合わせて、栄養やメニューを考えて調理。一度に多くは食べられない方が多いので、添加物が少ない未精製のものを使うなど、食材にはこだわった食事を提供しています。 また、誕生日や季節の行事には、楽しい行事食を用意。見て楽しく、食べておいしい食卓を演出します。
■食事の工夫
 ☆見て美しく ⇒食材の制約を克服して調理・盛付けの工夫、食器の変化
 ☆食べておいしく・食べやすく ⇒メニューの工夫、とろみやソースの工夫、調理法の工夫
 ☆安全で ⇒食材の吟味、天然の素材、衛生管理、誤嚥の防止
 ☆楽しく夢のある食事 ⇒季節や旬をもりこんで、行事食の工夫


たなばたメニューのレシピ ご紹介


★☆★ メニュー ★☆★

☆天の川そうめん
☆鰻の蒲焼、卸し添え
☆卵豆腐の蟹あんかけ
☆メロン・チェリー
☆七夕ゼリー

★☆★ 間食・飲料 ★☆★

☆ジョア
白いそうめんの上に卵そうめんで天の川。周りのきらきら星は薄焼き卵で演出。星人参は流れ星をイメージ。オクラと星形パインで星を演出しました。咀嚼食をペースト食にしても同様にデザインしています。

活動

●療育

入所者個々に個別支援計画書を作成し、看護・介護・療育を行ないます。散歩・製作・運動・音楽などの個別・グループ活動、バスハイク、運動会、クリスマス・夏祭りなどの季節行事、誕生会、喫茶活動、音楽会を行っています。
施設内で福岡特別支援学校の小・中学部及び高等部の先生方の授業が受けられる訪問教育を実施しています。入学式や卒業式、修学旅行などの学校行事に参加し、本校の児童生徒との交流会もあります。
家族と一緒に買い物や観光でいろいろな場所に出かけます。地域社会との交流や家族との触れ合いの時間を通して、それぞれの絆を深めていきます。